友達

マックでモンハンやってる女の子の隣でモンハンした結果wwwww

逃げられたったwwwww
俺「お!モンハン?」チャラ男風に
女の子「はい」
俺「今どのへん?」ここで席に座る
女の子「まだ始めたばかりです」
俺「そうなんだ~」友達になれると確信!
女の子「私行かなきゃならないので」


ゲームの中ではどんなモンスターも狩猟出来る
だったが現実では女の子の心すら狩猟出来ないのである


下手に外堀埋めようとするから逃げられるんだよ
馬鹿だな
ナンパする時はいきなり結論から入るのがセオリー


事案

続きを読む

【悲報】友達を捨てられる人ほど人生が充実する事が判明wwwwww

不要品を手放せば、第二の人生が輝きだす
「定年後に老後を考え始めるようでは遅いです」
そう語るのは、『弘兼流60歳からの手ぶら人生』の著者であり、『課長島耕作シリーズ』でおなじみの漫画家の弘兼憲史氏だ。今年70歳を迎えた弘兼氏は、自らと同世代のビジネスパーソンの定年後を数多く見てきた。
60歳を超えても、会社で活躍し続ける人はいるだろう。だが、元パナソニック社員の弘兼氏曰く、「会社に残れるのは極めて少数の役員の人たちだけです」とバッサリ。しかし案ずる必要はないと、言葉を続ける。
「定年を前に、出世ルートを外れていると感じるならば、仕事以外の自分の幸せを考え直すよい機会と捉えるべきです。自分の身辺を見直し、不要なモノを捨てることで、身軽に生きられます。整理を始めるなら、早いにこしたことはありません。その分長い時間を“手ぶら”で生きることができるのですから」
今年7月に聖路加国際病院で定年退職を迎え、翌月には新たなクリニックを開院した精神科医の保坂隆氏も、定年後にやりたいことをするには、現役時代から身辺整理を進めるべきと説く。現役時代から準備を始め、万全の体制で第二の人生を迎えよう。
友達は「量より質」で関連コストも削減
SNS時代において、友人の多さはその人の価値や財産のように思われがちだが、弘兼氏は「友達の数で、幸せは決まらない」と断言する。
「若い頃は、友人の多さが有利に働く場面がたくさんあります。特に仕事はそうですね。しかし、年を重ねるにつれ、自分のポジションというものが明確になります。もしこれ以上、上にいけないと感じたら、無理して今以上に人脈を広げたり、維持したりする必要はありませんね。それよりも、少人数の信頼できる友人がいるほうが大切です」
現役世代でも、モノを通じて今の人間関係を見直すことはできる。
「僕は最初に年賀状廃止からやりました。昔の年賀状は心のこもった手書きでしたが、今ではパソコンですべてを印刷したものがほとんどです。さらに正月の過ごし方も変わってきています。昔と違って元日からお店は営業しているし、イベントもいろいろやっています。年賀状をゆっくりこたつで見る人って、減っているのではないでしょうか。となると、年賀状を出しても、読まれているのかどうかさえわかりませんから」(弘兼氏)
さらに弘兼氏は、「スマホなど通信手段も昔に比べて格段に発達しています。現役世代が年賀状を全廃するのは難しいかもしれませんが、現在200〜300枚の年賀状をもらっている人は、送る数を10分の1程度に減らしても十分ではないでしょうか。突然年賀状を廃止するのが気になる場合や、送ってない人から送られてきた場合は、『自分はもう年賀状を出しません。その代わり、普段、連絡を取り合いませんか』と連絡をしてみては」と語る。
同様に、「保存しておく年賀状は過去3年分のみ」という佐々木氏は、ビジネスパーソンの証しである名刺も、枚数を決めて3年分しか取っていない。
こうした人間関係の整理を進めておくと、定年後、冠婚葬祭にかかる費用を抑えられるというメリットもある。同様に、お中元、お歳暮の送り先についても検討の余地ありだ。
現役世代は、まずは会社関係者と行く飲み会を厳選するところから始めてはどうだろうか。また、「二次会には行かない」などルールを決め、浮いた時間やお金を、定年後のプランづくりに回すのもオススメだ。
http://president.jp/articles/-/24305


続きを読む

とある髪の毛食ったら救急車呼ぶところだったwwwwwwwwwww

たった今の出来事、俺の部屋に忘れ物をした友達が来たんだが彼女とどっか行った帰りらしくその彼女も来た
友達の彼女は可愛くていつもいい匂い、俺は興奮しつつもあまり見ないようにしてた
友達は15分くらいですぐ帰ったんだが2人が座っていたソファーを見ると長い髪の毛があった


>彼女
よし死ね


俺の彼女じゃなく友達の彼女な


とりあえず、よく読んでやれwwww

続きを読む