アメリカ

【画像】アメリカさん、宇宙から攻撃可能な新兵器「神の杖」を開発中!!

◆宇宙空間から鋼鉄の槍を投下する兵器 / 核兵器と同等の破壊力でアメリカ政府が開発中か「神の杖」
宇宙空間の兵器人工衛星から非常に硬い鋼鉄の槍を地球に投下し、
地面に衝突した衝撃で核兵器と同等の爆発を発生させることが可能な兵を、
アメリカ政府が開発している可能性があるとの情報が入ってきた。
・大気圏を通過し地上に衝突
この兵器は「神の杖」(Rod of god)と呼ばれており、
従来のミサイルとはくべものにならないほど細い。
しかしながら大気圏を通過し地上に衝突することで、恐ろしいほど大規模な爆発を起こし、
その威力は核兵器と同等のものがあるとも言われている。

続きを読む

【悲報】アメリカで都市伝説並の事件が起きてしまう・・・

・ある大金持ちが性目的で小児の人身取引をしていたと逮捕される
・その大金持ちが所有している島に謎の施設が建てられていてその施設で大人数の小児に性的な接待をさせていたことが次々と告発される
・島に招待された顧客リストの中には数々の世界的な有名人が並べられていた
・警察が保釈を拒否すると大金持ちは自殺してしまう(本当に自殺だったのか不可解な点が多い)
・現在は性的暴行、食人疑惑が浮上している


続きを読む

アメリカの過去最大兵力が金正恩の暗殺計画に参加してることが判明震えて眠れ

歴代最大規模の米軍特殊部隊は、韓国特殊部隊とともに有事の際、北朝鮮の労働党委員長である金正恩や戦争指導部を暗殺し、
核物質貯蔵庫など大量殺傷兵器などの施設を掌握(しょうあく)する訓練する準備に取りかかろうとしている。
政府は13日に、「例年より規模が大きく、様々な米軍特殊部隊が参加するだろう。これらの部隊は、
最近韓国での変化により多様な訓練を行う予定だ」と明らかにした。
ここに記載された韓国での変化とは核とミサイル開発に執着する金正恩をはじめとする、戦争指導部を暗殺する
高難度な任務を意味する。有事の際、平壌に潜伏する技術と戦争指導部の暗殺、戦争指導施設の破壊などが期待される。
連合訓練には、レンジャー、デルタフォース、ネイビーシールズ、グリーンベレーなどが参加することが分かった。
この内、ネイビーシールズはテロ組織アルカイダの創設者であり9.11の主犯であるウサマ・ビン・ラディンの射殺に参加した部隊。
大統領が直接指示する特別任務を遂行しており「Ninja フォース」とも呼ばれる。
これまで、訓練には第75レンジャー連隊、第1、第19特殊部隊(陸軍)、第353特殊作戦(空軍)、
第1特戦(ネイビーシールズ1・3・7チーム)など1000の特殊部隊要員が参加してきた。
しかし今回の訓練には参加する特殊部隊の種類が多様化し、兵力も増え歴代最大規模になると説明。
一方、韓国軍は有事の際、金正恩抹殺などの任務を遂行する特殊任務部隊を2017年12月1日付で創設する計画だ。
当初は2019年に創設される予定だったが、北朝鮮の挑発行為が日増しに高まり、早期創設の方針に変更された。
http://gogotsu.com/archives/27135

続きを読む

【驚愕】アメリカのフードデリバリーの配達人、盗み食いし過ぎでワロタwwwwwwwww

今やアプリで簡単に注文できるフードデリバリーは利用客も多く、現在ではUber Eatsなどの第3者デリバリー会社の介入で店側が注文品を顧客に届けるというシステムも普及している。
しかしアメリカでは、デリバリー途中で配達スタッフが客の食べ物を盗み食いしているという行為が全体の4分の1以上にのぼっているそうで、顧客もそのリスクを認識していることが新たな調査で判明した。
今年5月中旬、アメリカ在住の1518人を対象にして行われた調査では、食べ物を注文する消費者側とそれを届ける配達スタッフ側両者の不満などが明らかになっている。
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0806/kpa_190806_2775426197.html


続きを読む

【悲報】トヨタ、米国関税引き上げの影響で年間約5000億円の損失と公表!!

トヨタ自動車は3日、米トランプ政権が検討している自動車や関連部品の関税引き上げについて、
「日本からの輸出車1台あたり平均約6000ドルの負担増になる」と明らかにした。
合計では年間で約4700億円の影響が出る計算になり、日本以外からの輸出分も含めると負担はさらに膨らむ。
米関税引き上げが実際に発動されれば、他の完成車・部品メーカーも打撃は免れない。
トヨタ、米関税影響4700億円 日本からの年間輸出分
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33808900T00C18A8MM8000/

続きを読む

韓国、アメリカに必死に泣きつき咽び泣くwwwwww

韓国政府の高官はアメリカでロス商務長官などと面会し、日本が韓国に対する輸出管理を厳しくした
措置の撤回に向けて、協力を求めました。
韓国産業通商資源省の次官級のユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長は25日までワシントンを訪問し、
政府や議会、半導体業界の関係者などと相次いで面会し、日本政府が半導体の原材料などの
韓国向けの輸出管理を厳しくしたことについて、韓国政府の立場を説明しました。
ユ通商交渉本部長はロス商務長官とも面会し、この中で日本がとった措置について「アメリカの産業や
世界的な供給網にも影響を及ぼしかねない」と訴えました。
そのうえで「措置が速やかに撤回されるよう、アメリカとして必要な役割を果たしてほしい」と述べ、
協力を求めました。
韓国産業通商資源省の発表によりますと、ロス商務長官は韓国側に共感を示したうえで、速やかに問題を
解決することで一致し、可能な役割を果たす立場を示したということです。
韓国政府は、日本の輸出管理の強化をめぐって日本政府に求めている局長級の協議が実現しない中、
今月の半ばにも大統領府や外務省の高官を相次いでワシントンに派遣するなどし、アメリカに協力を
求める姿勢を強めています。
これに対しアメリカは、日韓関係のさらなる悪化を望まないとして、関係改善を後押しする姿勢を
示していますが、本格的に仲介に乗り出す動きは見せていません。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190726/k10012009621000.html


続きを読む