2019年 2月 の投稿一覧

「自殺しそうな人」の8つのサイン

●1.いつも自分を責めて、マイナスのことばかりをいう
「自分なんかいなくなったほうがいい」など、自責の言葉ばかり口にしている。
●2.朝の調子がとても悪くなった
いつもの時間にすっきり起きられない、朝食が食べられない、朝刊に目を通す気力がないなど。
●3.最近、ストレスにつながるライフイベントがあった
親しい人との死別や離別、離婚、結婚、就職、昇進、降格、転勤、退職、引越し、出産など。
●4.体調の悪い時期がずっと続いている
持病をわずらっている。また、更年期、老年期など。
●5.家族とも顔を合わせたがらない
部屋にこもってしまう、話すのもおっくうな様子。
●6.過去に自殺未遂をしている
一度、自殺を試みた人は繰り返すことがあります。
●7.身の回りを整理している
大切にしていたものや手紙や写真を捨てている。
●8.食欲がない
極端に食べる量が少なくなっている。
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0322/aab_170322_7061584466.html
最近落ち込みが激しく、前述のようなサインを感じるようになったら、その人の行動を注意深く見守ってください。そして特に大切なのは、早めに精神科での治療をスタートさせることです。家族やパートナーが一緒に受診し、サポートする側も心得や処方薬の服用方法も確認しましょう。
続きを読む

今無職のやつww求人過去最高だぞwwwwwwwww

今が一番就職するチャンスだぞw
2020のオリンピックまでに就職しろww
そのあとはどうなるかわからないからwwww
2017年2月の転職求人倍率は、前年同月比+0.14ポイントの1.82倍
34職種中28職種が増加(うち21職種は過去最高)
求人数は、前年同月比120.8%。全体の求人数は過去最高となった
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2017/170308-01/
続きを読む

【動画】なぜかアマゾンのジャングルから巨大なクジラが発見され話題にwwwwww

アマゾンの生い茂るマングローブの間からザトウクジラが発見されるという極めて異例の事態が報告されています。ジャングルの中でクジラが死んでいるだけでも奇妙ですが、本来であれば2月のザトウクジラは南極に移動しているはずとのことで、自然保護団体がなぜクジラがジャングルにいたのか、原因を究明中です。
Soure quer que ossada de baleia que encalhou fique em museu no Marajó
https://www.oliberal.com/belem/soure-quer-que-ossada-de-baleia-que-encalhou-fique-em-museu-no-maraj%C3%B3-1.78024
There’s a Dead Humpback Whale in the Amazon Jungle and Nobody Knows Why – Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/59xwnn/theres-a-dead-humpback-whale-in-the-amazon-jungle-and-nobody-knows-why
Humpback Whale Washes Ashore in Amazon River, Baffling Scientists in Brazil – The New York Times

ジャングルの中からクジラが発見される様子は以下のムービーから。
Mystery as huge dead whale found in brazilian jungle 02/24/19 – YouTube

枝葉をかきわけ、ジャングルの中を進むと……
枝の山の上に何かが乗っているのを発見した人々。
近寄ってみると、ジャングルには似合わない巨大なヒレ。
大股でヒレをまたぎます。人間の足のサイズと比べてもその巨大さは一目瞭然。
横たわるのは白いクジラの死がい。
お腹側が上を向いているようです。
斜め前から見るとこんな感じ。
ブラジルの海洋生物学者たちによると、アマゾン川河口にあるマラジョ島で発見されたのはザトウクジラの子どもであるとのこと。ザトウクジラはブラジル沖の大西洋に生息していますが、2月頃はその多くがエサを求めて南極近くにまで移動します。今回のザトウクジラが発見された場所は本来ザトウクジラが移動するはずの場所から4000マイル(約6400km)ほど離れており、科学者たちを困惑させています。
クジラが発見された場所は木々の生い茂るジャングルですが……
完全な内地というわけではなく、沿岸部から15メートルほどの距離です。
ザトウクジラは26フィート(約8m)ほどで少なくとも1歳には達しているとのこと。
クジラが発見された河口は陸地から流れ出る淡水と海水が混合する場所であり、潮によってクジラがマンキモーブの中に押し流されたのだと自然保護団体Bicho D’Águaの代表であるRenata Emin氏はみています。「分からないのは、2月のこの時期にクジラがブラジルの北沿岸で何をしていたのか?ということです。これは普通ではありえません」とEmin氏はコメント。
クジラは大人のザトウクジラの半分ほどの大きさであり、母親とはぐれた後に死んでしまったのではないかと研究者は考えています。
研究者たちは潮が引いている間にクジラの調査を行い、生死を確認してサンプルを持ち帰ったとのこと。今後、体にあるサインから、クジラが網にかかったのかボートに衝突したのかといった死因が特定される見込みです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190226-whale-in-brazilian-jungle/
続きを読む

ちゃんこ鍋店でサービスに不満を持ち経営者を呼び付け殴りつけ、死なす

滋賀県警草津署は29日、飲食店のサービスに不満を訴え、男性経営者を呼び出して殴る蹴るの暴行を加えて死なせたとして、同県草津市野路1の
不動産仲介業、浜野慶治容疑者(46)と大津市平津1の土木作業員、関一也容疑者(45)を傷害致死容疑で逮捕した。
同署によると、浜野容疑者は「殴ったり蹴ったりして殺したことに間違いない」と供述。関容疑者は「態度に腹が立ってやった」と話している。
逮捕容疑は21日午後11時15分ごろから22日午前1時40分ごろにかけて、ちゃんこ鍋などを提供する草津市大路1の飲食店で、経営者の
糸岡真二さん(60)=同市=の顔や頭部、背中を殴ったり、蹴ったりし、同日午前4時20分ごろ、搬送先の病院で、肺損傷で死亡させた疑い。
同署によると、浜野容疑者らは5人以上の団体で、個室で飲酒していた。店の対応に因縁を付けて「責任者を呼べ」などと要求。当時不在だった
糸岡さんを呼び出し、個室内で暴行を加えた。
付近の店の従業員が「近くの飲食店で大きな音がした。店のドアが壊れている」と通報。草津署員が駆け付けたところ、意識がもうろうとした
状態で糸岡さんが倒れており、近くに両容疑者を含む数人がいたという。
署員は職務質問しようとしたが両容疑者らは応じず、従業員らから事情を聴いていた。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25257880Z21C17A2AC8Z00/



続きを読む

千葉ロッテマリーンズの魅力で打線組んだwwwwwwwww

1(遊)応援がかっこいい
2(三)期待の若手が多い
3(右)マリンスタジアムのご飯が美味しい
4(一)夢とドキドキがいっぱい
5(左)空いてるからいつでも観戦できる
6(二)ユニフォームがかっこいい
7(指)謎の魚
8(捕)選手がでていかない
9(中)これから強くなる



続きを読む

【動画】実写版ピカチュウのクオリティが凄すぎる実写版プーさんとかゴミに見えるレベルwwww

https://www.cinematoday.jp/news/N0107130
人気ゲーム「ポケットモンスター」初の実写映画化作品『名探偵ピカチュウ』の海外版新予告が現地時間26日、米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネルで公開された。
伝説のポケモン・ミュウツーをはじめ、映像で新たに登場したポケモンたちの姿が多数収められている。

本作の舞台は、人間とポケモンが共存する街ライムシティ。主人公の少年ティムは、ポケモンに関する捜査へ向かった後に行方不明となった父親を捜すため、
名探偵ピカチュウとタッグを組み、真相解明へと乗り出す。
続きを読む

【朗報】メジャーリーグ、審判をロボット化へ

MLBは現地26日、米国の有力独立リーグである『アトランティック・リーグ』と3年間の業務提携を結んだことを発表した。
今回の業務提携はMLB側の遠大な戦略によるものだ。『Baseball America』の報じたところでは、ロボット審判を含めた将来的にMLBが導入を目指している装置、規則を試験的に試す場としてアトランティック・リーグを活用するのだという。
MLBでは早速アトランティック・リーグ全8チームの球場に最新鋭のトラッキング装置を設置し、MLB同様にあらゆるデータを集積するととともに、それらのデータはすべてMLB全チームに提供される予定だ。
データ集積の一番の目的は、MLBが検討しているマウンドの移動やロボット審判を採用した際の試合の影響度をデータとして確認するためだ。
マイナーリーグを含め公式戦でいきなり採用できない装置やルールを、まずはアトランティック・リーグで試してもらい、そこからのフィードバックを元に将来的な運用を検討していくことになる。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20190227-00116330/



続きを読む