2018年 8月 の投稿一覧

【悲報】樋田容疑者と間違えられた高校生、パトカーに追われ転倒し死ぬwwww

30日夜、大阪市で「警察署から逃走した男に似ている」と通報を受けて警察が追跡していたバイクが転倒しました。運転していたのは高校生で、死亡しました。
午後8時半ごろ、大阪市港区の路上で「富田林署から逃走した樋田淳也容疑者に似た男がいる」と110番通報がありました。
約1時間後、警察が黒いバイクを発見したところ、そのバイクが急転回して逃げ出したため、警察はパトカーで追跡を始めました。
バイクは信号無視や一方通行の逆走を繰り返した末、約2キロ離れた場所でバス停の支柱に接触して転倒しました。
運転していたのは逃走中の樋田容疑者とは関係のない17歳の男子高校生で、頭を強く打っていて死亡が確認されました。
この高校生は無免許で、バイクは盗まれたものでした。
警察は「追跡は適正だったと考えているが、亡くなられたことは大変、残念だ」とコメントしています。



続きを読む

「10代女子に流行ったもの」ランキング、1位は?やばみが強い結果に注目・・・

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/30/news099.html
「〇〇みが強い」使いこなせますか?

コトバ編の1位に輝いたのは「〇〇みが強い」でした。程度を表す意味合いで使われることが多く、「“眠み”が強い(とても眠い)」「“無理み”が強い(絶対無理、無理な可能性が高い)」という使い方が定番のようです。
10代女子が最も注目したヒトは「ひょっこりはん」

「Tik Tok」がブームに

女子高生が注目していたドラマは……

みなさんは10代に人気の言葉やモノをどれくらい知っていましたか?
続きを読む

完全にエルフだこれ!全身緑の小西真奈美、妖精感ある不思議キャラで視聴者に癒やし届けるwww

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/30/news103.html
「ちゅらさん」(2001年放送)以来の朝ドラ登場で、どんな役どころになるのか注目を集める中放送されたドラマでは、グリーンカラーへの熱量が異常な雑貨専門店「グリーングリーングリーン」の店主・加藤恵子を熱演。どこかの星からやってきたような不思議な雰囲気をまとった明るくポジティブなキャラクターで異彩を放ちました。

続きを読む

なぜ「バーチャルボーイ」は流行らなかったのか?

仮想現実(VR)を教育分野でどう応用できるかを理解するため、Oculusは米国時間8月28日、
学習や共同作業の支援に没入型技術を利用する方法について調査するパイロットプログラムを
開始することを明らかにした。
同プログラムは「Oculus Education」という名称で、ヘッドセットの「Oculus Go」および
「Oculus Rift」を台湾、日本、米ワシントン州シアトル市の学校、図書館、美術館や博物館に配布する。

https://japan.cnet.com/article/35124746/
続きを読む

【悲報】Google、最強の将棋ソフトをたった2時間で創り上げてしまう

AI「アルファ碁」を改良、将棋・チェスでも最強
グーグル、独学で鍛える
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24325500W7A201C1FF1000/
米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の英ディープマインドは、世界トップ棋士より強い最強の囲碁用の人工知能(AI)「アルファ碁ゼロ」を改良し、
将棋やチェスにも応用したAI「アルファゼロ」を開発した。白紙の状態から独学で試行錯誤を繰り返し、数時間で現状の世界最強ソフトを超える強さを獲得。
将棋・チェス・囲碁のいずれも最強という3冠を達成した。
2017年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝したソフト「エルモ」と、16年のチェス世界大会で優勝した「ストックフィッシュ」、囲碁の「アルファ碁」と強さを比較した。
強さを示す指標「レーティング」をみると、アルファゼロが将棋では2時間弱、チェスでは4時間、囲碁では8時間学習した時点で各ソフトを上回る実力を手に入れた。



続きを読む

出産費用を募るクラウドファンディングに批判殺到・・・

学生結婚をしたことを公表しているイシイさんは10月6日、ブログを更新。新婚であるにも関わらず、貯蓄のためにお互い実家暮らしをしているとして、「妊娠中の妻との新婚生活が別居ってありえないじゃないですか。でも今の僕にはそれを支えるだけの経済力がない。悔しいです」と吐露。出産費用を募るクラウドファンディングを立ち上げることを宣言した。
その後もイシイさんはクラウドファンディングについてつづっており、10月29日には、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」での下書きページを公開。「経済的に厳しくても出産ができる社会を証明し、みんなでこの子を育てていきたい!」と題されたプロジェクトで、経済的な理由から出産を諦める人々に“個人であっても資金集めをすることができる”というメッセージを送りたいことなどをつづっている。
また、支援に対するリターンとしては、夫婦による感謝のビデオメッセージ、妻による手描きイラスト、ブログでのPR記事や広告掲載などが用意されている。目標金額は当初50万円に設定していたが、その後30万円に引き下げることが発表された。
http://www.excite.co.jp/News/smadan/E1509622059782/
続きを読む